バイオリンなら、スズキ・メソード

スズキメソードは、鈴木慎一氏が始めたバイオリン教室です。
3歳で譜面を読まずに全員できらきらぼしを演奏することで有名です。

 

 

スズキ・メソードの始まり

・始まりは松本から

 

現在、国内では、約2万人の子どもたちが、全国各地の教室で約1,000人の先生のレッスンを受けています。

 

鈴木鎮一は、1930年代から、江藤俊哉氏・豊田耕兒氏など、後に世界で活躍する優れたヴァイオリニストを育てましたが、それらの経験を踏まえ、1946年(昭和21年)、長野県松本市に「松本音楽院」を設立しました。これがスズキ・メソードの出発点です。鈴木鎮一はこの教室で育った子どもたちと全国を講演と演奏をしてまわり、それに感動した人々の熱望で各地にヴァイオリン教室ができていきました。その後、同じ教育法でピアノ、チェロ、フルートの教室も始まりました。
海外では、1964年の10人の子どもたちによる第1回海外演奏旅行を機に、まずアメリカに広がっていきました。その後も高い評価を受け続け、現在では世界46ヵ国に約40万人、特に米国では約30万人にのぼる子どもたちがスズキ・メソードによりヴァイオリンやピアノ、チェロ、フルートなどを習っています。海外では、国内をしのぐ高い評価を得ています。

 

 

どこで学べるの?

 

北海道から沖縄まで、全国に教室があります。
大きな教室もあれば、自宅で行っているような教室もあります。

 

教室一覧はこちら

 

 

「スズキ・メソード」の教室のある国と地域

 

北米 アメリカ合衆国、カナダ
中米 コスタリカ、ジャマイカ、パナマ、バハマ、バミューダ、バルバドス、
仏領インド諸島、メキシコ
南米 アルゼンチン、エクアドル、コロンビア、チリ、パラグアイ、ブラジル、
ペルー
アジア 大韓民国、シンガポール、中華人民共和国、中華民国(台湾)、日本、
フィリピン
オセアニア オーストラリア、ニュージーランド
ヨーロッパ アイスランド、アイルランド、イギリス、イタリア、エストニア、オランダ、
クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、
ハンガリー、フィンランド、フェロ−諸島、フランス、ベルギー、ポーランド、
リトアニア
アフリカ 南アフリカ
合計 46カ国

 

 

主な著書

 

 

これだけ読めば、鈴木慎一さんの思いはしっかり伝わります。